岸釣りインテリジェンス

神奈川や熱海をホームに『世界屈指の高級魚ハンター』を目指すブログ。岸釣りに関するご質問やお問い合わせは、画面右下にあるメッセンジャーマークから受け付けています。

”匂い系の釣り”を考える。 釣り場で採取した餌は必ず破壊して使え!

今日はウナギ釣りに使う餌をとりに、秦野にある金目川へ行ってきました。今回餌として捕獲したのは、葦際に隠れる小鮎と、手長海老です。

(稚鮎)
18945430_1358863607543979_592359582_n

(手長海老)
18985281_1358863677543972_1705720666_n

これだけ取れれば、今シーズンウナギ釣りをする分はあるでしょう。せっかく餌の写真を貼ったので、今回はウナギ釣りに関わりのある記事を書いていこうと思います。

ウナギを始めとする"匂い系の釣り"を考える。

ウナギやアナゴの投げ釣りのように、魚の嗅覚を生かして釣りを行う‘‘待ちの釣り’’は、餌が発する匂いによって、魚を仕掛けのある場所までおびき寄せる釣りです。

その代表格がウナギのブッコミ釣り。

ウナギ釣りでは、よく『その川に住む鮎か手長エビを使え!』という言われがあるわけですが、実際、現場で採取した鮎や手長海老を使っても、そこまでずば抜けた釣果になる事はあまりありません。

むしろ、場合によってはミミズの方が断然食いが良いことも。

確かに、現場採取の餌は『その川に住むウナギが日常的に食べている』という理由から、そこそこ安定した釣果を得る事ができます。

しかし、こういった現場調達系の餌は、どんな使い方をするか?によって大きく食いに差が出る餌でもあるんです。

上手く使いこなす事ができれば、ミミズに匹敵、もしくはそれ以上の餌になりますし、単に周囲と同じような使い方をしているだけでは、無難な餌の領域を出ることはありません。

今回は、最近シーズンに入ったウナギ釣りを例に取り、匂いで誘う‘‘待ちの釣り’’を考えるにあたって、非常に重要な原理をご紹介します。(と言ってもあくまで主観的なモノですが)

鮎をぶっ込めば、その匂いを感知してやってくる?

『その川に住む鮎や手長海老を餌に使えば、ウナギは沢山釣れる!何故ならその餌の匂いは、普段から食べている餌の匂いだからだ!』

ウナギ釣りでは、よくこういった主張を耳にします。 確かに、普段から魚が食べている全く同じ餌を使えば、食わない理由は見当たりません。私も『釣れる』という部分に関しては激しく賛成です。ただし、『同じ匂いだから』という部分に関しては、どうでしょうか?

例えば、神奈川県の相模川で、現場で採取した鮎を餌にウナギ釣りをするとしましょう。その時、ウナギ達はその鮎の匂いを頼りに、仕掛けの元まで辿り着くのでしょうか?

餌に使っている鮎と全く同じ鮎が、周りには大量にいるのに?

別に私達が投げ込んでいる鮎がいなくたって、ウナギの周囲はそもそも鮎だらけです。周囲に1一万匹以上の鮎がいるのに、そこに鮎をもう一匹投入したところで、はたして『お!?近くに鮎の匂いがするぞ!』とウナギはなるのでしょうか?

嗅覚に限らず、動物が持つ五感は全て、

『周囲と比べて相対的にどうなっているのか?』
を認識する事しかできません。この世で一番臭わないモノは鼻水であるように(笑)、全ての動物は、常に接しているモノを‘‘匂いである’’と認識する事はできないのです。

  image

現場で採取した餌をそのまま投げ込んでは、周囲(同じ種の魚)の匂いに紛れてしまう可能性が高い。ウナギ釣りのように匂いで魚をおびき出したいのなら、その餌には必ず非日常的な匂い、イレギュラーが必要です。

だから、現場採取の餌は、必ず破壊して体液を出す事。

この作業が、私たちの使う餌に周囲の鮎との相対的な違いを生み出します。

ちなあみに、ミミズが多くの淡水魚に効く万能餌である事は、このことからも理にかなっています。

 
本来陸上で生活するミミズは、水中では存在しているだけでイレギュラーな物体となるわけですから。

image


嗅覚を攻める全ての釣りに通ずる。

ウナギ釣りに限らず、全ての釣りに使える原理と言ったら、ちょっとかっこつけ過ぎかもしれませんが、私はこの‘‘餌の匂い’’に対する考え方は、それくらいに重要な原理だと思っています。

嗅覚は匂いそれ自体を認識する器官ではなく、匂いの違いを認識する器官だという事。

カレー屋で働くと、自分の服がカレー臭くなっていることには気づきません。しかし道端を歩いていてどこぞの御宅からカレーの匂いがすれば、即座に『この家、今日はカレーか!』と 気づく事ができます。

その理由は、カレーが臭いからではなく、カレーの匂いが相対的に周囲の匂いと異なっているからです。

今回話した餌の匂いに関する話は、このカレーの例と全く同じ。匂いの釣りにおいて重要なのは、周囲との匂いの『差』をどのようにデザインするか 。