岸釣りインテリジェンス

神奈川や熱海をホームに『世界屈指の高級魚ハンター』を目指すブログ。岸釣りに関するご質問やお問い合わせは、画面右下にあるメッセンジャーマークから受け付けています。

湯河原、熱海ででヒラメ&マゴチ釣り!デカイのいますね

『これまでやった事のない釣りに挑戦してみよう』ということで、今回は湯河原、熱海エリアでルアーフィッシングに挑戦。ターゲットはヒラメ、マゴチ、そしてシーバスです。

熱海や湯河原は磯やゴロタ場といったイメージが強いですが、じっくりと地形を観察してみると、砂地混じりのゴロタ場エリアが複数点在しているので、今回はそういったエリアを重点的に攻めて行きました。

深夜3時に釣り場に入り、ダイソージグで海底付近を広範囲にチェック、マゴチもヒラメも夜目がきくほうではないので、日が昇るまではスローに誘いルアーを発見するチャンスを与えます。

釣り始めて一時間ほどで最初のヒット!しかもかなりデカイ!

f:id:ryotadohi:20180509072825j:plain


上がってきたのは大型マゴチ!

ダイソージグバク食い、、、一匹目でこのサイズってちょっと出来過ぎじゃないですか(笑)幸先のいいスタート!この調子でどんどん行きます。

4時半すぎには辺りが明るくなりはじめ、ヒラメが動き出す時間帯に突入。この時期のヒラメは岸近くに集まる稚鮎を狙っているので、ルアーをシルバーのシンキングペンシルにチェンジし、一投投げたら『5歩歩く』くといった感じにテンポ良く探っていきます。

辺りが明るくなり始めてすぐ、幾つかのショートバイトが続き、3回目のバイトでヒット!上がってきたのは今シーズン初のヒラメ!

f:id:ryotadohi:20180509073659j:plain

このフロントフックにかぶりついたような刺さり方、ボトムから50センチ前後をスローに誘っていたので、真下から食い上げてきたようです。

この後アタリが遠のいたので場所を変えます。日が完全に登ったのもあり、今度はバイブレーションに切り替え、早巻きで海底を探っていくと、、、

グン!というルアーを引き止めるような感覚、一瞬ゴミかな??とも思ったのですが、とりあえず軽めに合わせを入れてみると、ガツガツ!っという魚信、魚だ!
f:id:ryotadohi:20180509075344j:plain

上がってきたのはまたもやヒラメ!サーフのヒラメは難しいと思っていたのですが、なんと初挑戦で2匹もキャッチできるとは、、、、かなりのラッキー

今回はバイブレーションの早巻きだったので、おそらくルアーを発見したヒラメがルアーに追いついて後ろからバイトしたのでしょう。ルアーを引き止めるようなアタリ、そして後ろのフックを食ってきた状況が海底の状況をリアルに伝えてくれます。

そのご、リリースサイズのチビヒラメをもう1匹つい追釣して、今回は竿納になりました。ゴールデンウィークということもあり、完全に日が上がってしまうと辺りは釣り人だらけになってしまいすからね。こーいう時期は早めに入って、早めに退散が一番です。

帰って早速試食

今回ヒラメを釣りたかったのは、何より久々にヒラメの刺身を食べたかったからなんですよね(笑)ヒラメは大型魚なので一匹釣れれば腹一杯食べれるのも魅力の一つではないでしょうか?

f:id:ryotadohi:20180509080659j:plain
(ヒラメの刺身)

以上、今回は湯河原、熱海エリアでのヒラメ、マゴチゲームをお伝えしました。