岸釣りインテリジェンス

神奈川や熱海をホームに『世界屈指の高級魚ハンター』を目指すブログ。岸釣りに関するご質問やお問い合わせは、画面右下にあるメッセンジャーマークから受け付けています。

上多賀の長浜海水浴場での青物釣り。カマス、イナダも現る。

 

前回作成したオリジナルサビキを使っての釣行、今回は最近マイブームの熱海港から少し離れて、上多賀エリアに位置する長浜海水浴場での青物釣りに挑みます。

(前回作った自作サビキ)f:id:ryotadohi:20170924143330j:plain
このポイントは長浜海水浴場から両横に伸びた長い堤防で、多賀新堤とも呼ばれている。シーズン中には青物のナブラが頻発している高ポイントであり、夏にはここからキスを釣ったり、釣ったキスを餌にマゴチを釣ったりもしました。今回は自作のオリジナルサビキを試すべく、この堤防から青物を狙います。(多賀新堤の青物は初めてなので、期待は膨らむ!)

釣り場に着いたら早速仕掛けを投げ込み、いつもと同じ要領でしゃくってアタリを待ちます。今回も数投目でカマスがヒット!今シーズンはカマス絶好調です、今月は毎回カマスが釣れてくる、しかもサイズも上場!

f:id:ryotadohi:20170926021601j:plain

この日は大きな群れの回遊があったらしく、ここから10匹ほど連続ヒット、上多賀のポイントで青物を狙ったのは初めてですが、ここもなかなか良い釣り場のようです。

イナダ現る

十数匹目のカマスがヒットしたところで、すべての針に魚をかけるべく少し待ってみると、グンッという巨大なアタリ、かかった瞬間沖に向かって爆走を始めました。まるで鯉がかかったような引き、ハリスが2号なのでゆっくりと時間をかけて引き寄せます。

目の前まで引き寄せ姿を見せたのは50センチは有ろうかというデカイナダ!
タモを持っていなかったため抜き上げるしかありません。ゆっくりと波を使い助走をつけて『ブン』と陸地に抜き上げた瞬間、

ブチッ

っと切れて、海に戻って行ってしまいました、、、、

まぁ今季の仕掛けじゃしょうがないですね、長浜海水浴場はまぁまぁの高さがあるので、テトラに入ってランデングするしかありません。今度タモを買って行こうかな。(荷物が増えるのでタモが嫌い)

気を取り直して再びジグサビキを投げ込むと、再び連続ヒット!やはりカマスです。この後30分ほど群れが私の前にいてくれて、合計25匹のカマスを釣りあげることができました。

(最終釣果25匹)f:id:ryotadohi:20170926021629j:plain

自作サビキのテストとしては上々な釣果、今度はカマス以外の魚も釣りたいですね。特にイナダ、次回はしっかりランデングしたいと思います。