岸釣りインテリジェンス

神奈川や熱海をホームに『世界屈指の高級魚ハンター』を目指すブログ。岸釣りに関するご質問やお問い合わせは、画面右下にあるメッセンジャーマークから受け付けています。

みなとみらい、横浜港にてメバル釣り!

こんばんは、昨夜はみなとみらいエリアで友人と食事の予定があったので、カバンに竿を忍ばせ、食事前にちょびっとメバル釣行に行ってみました(笑)

(みなとみらいのメバルポイント)
f:id:ryotadohi:20170819002130j:plain
写真にあるのは、みなとみらいのど真ん中にある『ぷかり桟橋』。この桟橋の周辺にはたくさんの魚が付いており、その中には数多くのメバルもまじります。

一応、桟橋内では‘‘釣り禁止’’となっているのですが、頑張って岸から投げれば桟橋際まで仕掛けは届きますので、桟橋周辺のポイントは岸から気合いで探ることができます。今回は超短時間の30分勝負、このプカリ桟橋周辺を徹底的に狙いました。

アタリなし。からの作戦変更

ところが、ここ数年はみなとみらい地区や横浜港周辺は『水が悪くなった』といわれ、今回も中々魚の気配と出会うことができません。同じ横浜エリアでも、八景付近と比べ魚影の濃さにはだいぶ差がありそうです。

今回はじっくり探ってる時間は無い。とにかく歩き回って魚を探さねば!!

ということで、足を使って様々な角度からぷかり桟橋付近を打ちまくります。落として、歩いて、投げて、歩いて、、、、

すると、ようやく桟橋の影から小型のシーバスが出てくれました。

f:id:ryotadohi:20170819002055j:plain
大型ではありませんが、嬉しい一匹。ここは昔からシーバスの魚影が濃いです。今回も同じポイントで何度かシーバスのボイルがありましたしね。

一匹釣り上げテンションが上がったのはいいのですが、残された釣行時間は残り15分。すかさずちびシーバスをリリースしてどんどん探ります。さぁ今日の目標はあと一匹!

今度はアオイソメを小さく切り、桟橋付近をスイミングさせる作戦に。完全にワームとしてアオイソメを使うことで、さらに探りのスピードを上げることができます。やはり餌釣りよりもルアーの方が効率よく広範囲をさぐれますからね。

何度か小さなアタリがあった場所を通してみると、3度目のキャストで何かがヒット!上がってきたのは本命のメバル

f:id:ryotadohi:20170819003800j:plain
型はイマイチですが、ようやく本命が出てくれました。このサイズばかりがアタックしていたのなら、中々針にかからなかったわけです。

うーむ、横浜港にデカメバルはいないのか、、、、昔からこの場所で釣れるメバルは型が小さめ、今年こそはみなとみらいのデカメバルに出会いたい!今年もあきらめずに通ってみます。

そんなことを考えている間に、続けて最後の一匹が出てくれました。最後はさっきよりもさらに小さかったので即リリース(笑)

最後の一匹が一番小さかったですが、今日はここでタイムアップですね。

大きな魚には出会えませんでしたが、最後のおまけも釣れたので良しとしましょう!

横浜港、みなとみらいエリアには多くの川が流れ込んでいる

今回の場所に限らずどのエリアにも言えると思いますが、淡水エリアに近づけば近づくほどメバルの魚影は薄くなり、やはりシーバスが濃くなってくる傾向があるようです。

特に横浜港は大小様々な川が流れ込んでいるエリアですしね、このエリアはどんどん自分の足を使って『シーバス&メバル』を釣り歩いて行くスタイルが面白い!横浜港を釣る機会があったら是非チャレンジしてみてください。

今日はこの辺で!