岸釣りインテリジェンス

神奈川や熱海をホームに『世界屈指の高級魚ハンター』を目指すブログ。岸釣りに関するご質問やお問い合わせは、画面右下にあるメッセンジャーマークから受け付けています。

熱海の岸からアカハタを探し出し、釣る。

3ヶ月ぶりの日本!というわけで早速釣りに出かけます。場所は当然行き慣れた熱海。

今回は何を狙おう?以前から熱海では根魚をよく釣っていましたが、カサゴメバル、ムラソイはもういくらでも釣れるので若干飽きてきました。という事で、今回は熱海の岸釣りでアカハタを探し出そうと思います。アカハタが好む条件を書き出し、グーグルマップ上で条件を満たしている場所を特定、出撃します。 

狙ったポイントに到着し、早速仕掛けを投げ込みます。今回は同付き仕掛けを軽く沖へ投げ、根掛かりに気をつながらゆっくりと仕掛けを引いてくるというシンプルな釣法で攻めていきます。使った餌はサンマの切り身。

開始直後からアタリはあるものの、カサゴ、ベラ、カサゴカサゴ、、、、カサゴばかりが続きます。中には一匹だけ30センチ級が混じったのでとりあえずキープ。
 

f:id:ryotadohi:20180908212138j:image

こんな感じにカサゴとベラに苦戦していると小さなアタリ、すかさず合わせますが根掛かりの様に全く動きません。『重すぎ、ウツボかな』と思った瞬間、一気に走り出しました。『ウツボじゃない、でかメバルか!??』と小さな期待、とにかく魚の顔を確認せねばと根に潜られない様に慎重に巻き上げると、顔を見せたのは

 


40センチ級の巨大アカハタ!

 


『ここに居たか!』とテンションブチ上がりで引っこ抜こうとしたした瞬間、『ブチ』っと岩に擦れたラインが切れ、『バッシャーン』と海へ戻ってしまいました。

まじか、、、あんなでかいアカハタ釣った事ないぞ、、、

でもまぁ顔を確認できただけでも良しとしましょう。気を取り直してもう一度攻め直します。アカハタは一匹釣れたら同じ場所で数匹上がることが結構ありますからね。まだまだ他の個体も潜んでいるはず。

デカアカハタを逃した場所で粘ること15分、またもや明らかにベラではない大き目のアタリ、すかさず合わせ、一気に抜き上げると


f:id:ryotadohi:20180908212206j:image


今度こそ本命の28センチアカハタ!!逃したヤツよりはだいぶサイズが小さくなりましたが、今回の目標は達成です。熱海ではカサゴ狙いの時にマグレで釣れてくる程度でしたが、今回の釣行で熱海のアカハタポイントを一つ発見することができました。

日本に滞在できるのは数週間ですが、この期間でまたアカタハポイント開拓に行こうと思います。熱海にもまだまだ沢山のアカハタが潜んでいるはず。

 

 

 

 

 

 

 

福浦岸壁のテトラはメバルの巣窟です。

今回は横浜の八景島方面に用事があったので、帰り道に近くの福浦岸壁に立ち寄って、一時間ほど釣りをしてきました。車の中に竿とリールは常備しているので、近くのセブンイレブンでガン玉と釣り針、アオイソメを購入しての釣行です。

普段、福浦岸壁で釣りをする際は全て夜釣りのメバル狙いなのですが、今回は初の日中釣り。何が釣れるか楽しみですなぁ。

福浦岸壁はテトラポット周辺がメバルの巣窟となっている。

『結構福浦岸壁で釣りします』というと、『福浦は釣れなくないですか?』という意見をしばしば貰うのですが、ここの魚はかなりタイトに障害物に張り付いているため、普通に餌をつけて遠投しているだけでは、ほとんどまともな魚は釣れません。

むやみに遠投するのではなく、岸側からもはっきりと確認できる障害物をピンポイントで狙っていくことで、障害物の奥に潜んでいる魚たちのところまで餌をしっかり届ける事ができます。

特に、福浦岸壁に広がるテトラポットの中には、カサゴメバルメジナ達が大量に入り込んでいます。そこを以前の奇異で紹介したスプリットイソメ釣法で丹念に狙っていけば、激戦区と言われている福浦岸壁周辺でも毎回10匹前後の釣果を得る事ができます。(10匹狙いは夜に限る)

下の写真は福浦岸壁を中心に横浜周辺を釣り歩いた時の釣果です。

f:id:ryotadohi:20180513120403j:plain

今回の釣りは昼間の釣りになったので、これまでと違う魚も混じってくるかもしれませんし、色々と違う釣りが楽しめるでしょう!時間も短めなので、いつもよりかなり気合を入れて、集中して臨みました。

釣り開始、根掛かりを恐れている時間は無い!

時間もないので、根掛かり覚悟でどんどんテトラの穴に仕掛けを落としていきます。普段は避けてしまうような複雑な隙間にも、ガンガン仕掛けを送り込んで魚を探します。

すると、すぐに一匹目が釣れました。上がってきたのは中型のメバル、今回は日中だった事もあり、あまりメバルは期待していなかったのですが、テトラの奥には活性の高いメバルが混じっているようです。

そのあと、チビチビサイズのカサゴが2匹続きますが、すかさずリリース。この辺はカサゴが多いのかな?とブラクリ仕掛けを投入すると中サイズのムラソイがヒット!

ムラソイは相模湾の方が数が多い印象ですが、たまーにこっちの方でも顔を見せてくれる魚です。今回は『何か持って帰りたい!』という欲からムラソイもキープ。

その後、再びスプリットイソメ仕掛けにもどし周辺を探っていると、ズドンという大きなアタリ。『まさかデカメバルか??』と、テトラに潜られないように慎重に抜き上げると、姿を見せたのはメジナ

f:id:ryotadohi:20180513122152j:plain
(今回キープした魚)

今回は大型魚を釣り上げることができませんでしたが、最後のメジナが中々良い引きを見せてくれたので良しとしましょう(笑)昼間の福浦を攻めてわかったことは、夜の釣りと比べても、やはりかなりタイトに障害物周りを攻めて行かなければアタリを得るのは難しいと言うことです。少しでも障害物から離れると、一気に食いが無くなるように感じましたね。

やはり、釣果自体を見ても、釣りのしやすさを見ても、福浦岸壁の釣りは夜の方が良い思いが出来る様です(笑)お時間のある方は、福浦の夜釣り、おすすめですよ!




湯河原、熱海ででヒラメ&マゴチ釣り!デカイのいますね

『これまでやった事のない釣りに挑戦してみよう』ということで、今回は湯河原、熱海エリアでルアーフィッシングに挑戦。ターゲットはヒラメ、マゴチ、そしてシーバスです。

熱海や湯河原は磯やゴロタ場といったイメージが強いですが、じっくりと地形を観察してみると、砂地混じりのゴロタ場エリアが複数点在しているので、今回はそういったエリアを重点的に攻めて行きました。

深夜3時に釣り場に入り、ダイソージグで海底付近を広範囲にチェック、マゴチもヒラメも夜目がきくほうではないので、日が昇るまではスローに誘いルアーを発見するチャンスを与えます。

釣り始めて一時間ほどで最初のヒット!しかもかなりデカイ!

f:id:ryotadohi:20180509072825j:plain


上がってきたのは大型マゴチ!

ダイソージグバク食い、、、一匹目でこのサイズってちょっと出来過ぎじゃないですか(笑)幸先のいいスタート!この調子でどんどん行きます。

4時半すぎには辺りが明るくなりはじめ、ヒラメが動き出す時間帯に突入。この時期のヒラメは岸近くに集まる稚鮎を狙っているので、ルアーをシルバーのシンキングペンシルにチェンジし、一投投げたら『5歩歩く』くといった感じにテンポ良く探っていきます。

辺りが明るくなり始めてすぐ、幾つかのショートバイトが続き、3回目のバイトでヒット!上がってきたのは今シーズン初のヒラメ!

f:id:ryotadohi:20180509073659j:plain

このフロントフックにかぶりついたような刺さり方、ボトムから50センチ前後をスローに誘っていたので、真下から食い上げてきたようです。

この後アタリが遠のいたので場所を変えます。日が完全に登ったのもあり、今度はバイブレーションに切り替え、早巻きで海底を探っていくと、、、

グン!というルアーを引き止めるような感覚、一瞬ゴミかな??とも思ったのですが、とりあえず軽めに合わせを入れてみると、ガツガツ!っという魚信、魚だ!
f:id:ryotadohi:20180509075344j:plain

上がってきたのはまたもやヒラメ!サーフのヒラメは難しいと思っていたのですが、なんと初挑戦で2匹もキャッチできるとは、、、、かなりのラッキー

今回はバイブレーションの早巻きだったので、おそらくルアーを発見したヒラメがルアーに追いついて後ろからバイトしたのでしょう。ルアーを引き止めるようなアタリ、そして後ろのフックを食ってきた状況が海底の状況をリアルに伝えてくれます。

そのご、リリースサイズのチビヒラメをもう1匹つい追釣して、今回は竿納になりました。ゴールデンウィークということもあり、完全に日が上がってしまうと辺りは釣り人だらけになってしまいすからね。こーいう時期は早めに入って、早めに退散が一番です。

帰って早速試食

今回ヒラメを釣りたかったのは、何より久々にヒラメの刺身を食べたかったからなんですよね(笑)ヒラメは大型魚なので一匹釣れれば腹一杯食べれるのも魅力の一つではないでしょうか?

f:id:ryotadohi:20180509080659j:plain
(ヒラメの刺身)

以上、今回は湯河原、熱海エリアでのヒラメ、マゴチゲームをお伝えしました。






東伊豆のゴロタ磯にてカサゴ&メバル釣り

先週、約3ヶ月ぶりとなる東伊豆エリアでのカサゴメバル釣りに出撃しました。今回は久々ということもあり、ポイントを一つに絞らず東伊豆エリアをどんどん移動しながら探っていくことに。午前3時からスタートして、日が昇るまでの時間はワームを使ってメバルを狙います。

釣り始めて15分、ゴロタエリアに入ってすぐに大きめのアタリがあったのですが、これは針がかりせず、メバルカサゴであれば小型のジグヘッドくらい一口で丸呑みにしてしまうはずなので、ササノハベラなどがつついてきたのかもしれません。

一通り遠投して探っていきましたがそれらしいアタリもないので、手前に見える大型の岩などをピンポイントで打っていくと、すぐに何かが食ってきました。

f:id:ryotadohi:20180503135341j:plain
(本日最初のメバル23センチ)


上がってきたのはまぁまぁサイズの本命メバル!測ってみると23センチありました。水深が1メートルくらいしかない浅場でのヒットだったので、障害物周りに身を潜めて餌を取りに来ていた個体でしょう。活性はなかなか高く、かなりの早巻きに食ってきました。

その後、同じような狙い方で丹念に岩周りを責めていると、すぐにもう一匹釣れました。これは小型だったのですぐさまリリース、その数分後にはドカン!とひったくりの様な強烈なアタリ、ほとんど向こう合わせで何かが掛かりました。

上がってきたのはグッドサイズのメバル。後で測ってみると26センチ、とりあえずは20後半のメバルを目標にしていたので、メバルのノルマはクリアです。

f:id:ryotadohi:20180503135402j:plain(26センチメバル

西伊豆エリアのゴロタや磯場で釣れるメバルは本当に型がいいので、このサイズでも全然大型の部類にははいりません。今期も何回かは尺オーバーを狙いたいですね。

夜が明けてからはカサゴタイム

ゴロタ場から比較的足場の良い磯場に移動して、ここからはカサゴ狙いの釣りを開始。仕掛けもルアーから餌釣りに切り替えて狙っていきます。

夜が明けるとすぐにカサゴは捕食活動を開始します。この日もまだ薄暗い時間帯からアタリが連発し、始めの1時間で4匹のキープサイズをゲットすることができました。

f:id:ryotadohi:20180504100540j:image

(ムラソイ)

この後もコンスタントにカサゴ、ムラソイを釣り上げ、リリースも含めればトータル10匹以上のカサゴをゲット。やはり磯やゴロタ場は人が入りにくいのもあり魚影が濃いです。特に、ムラソイなんかは遠投しなくても近場で簡単に釣り上げることができるので、初心者の方なんかの入門魚としてとても向いているかもしれません。

f:id:ryotadohi:20180504100553j:image
(夜明後の釣果)

f:id:ryotadohi:20180503135824j:plain
(夜釣れたメバル

夜、早朝と全部で20匹くらいの魚を釣り上げることができたので、久々の東伊豆釣行は大満足の結果となりました。


熱海の岸から釣れる『美味い魚』全部教えます。

そろそろ年末なので、今年熱海の岸から釣った魚達をおさらいしようと思います。熱海の岸釣りに興味のある方は是非参考にしてください。

今回は外道は省いて、美味しく食べる事ができるターゲットのみを掲載しておきます。

メジナ

f:id:ryotadohi:20171204233709j:plain

夏は臭くて微妙ですが、冬になればこの味をしのぐ岸釣りターゲットはいません。私はあまりフカセ釣りはやらないので、メバル釣りの外道として出会う事が多いです。

熱海ではある程度の水深があれば(3〜4メートル以上)どこにでもいます。

カサゴアラカブ

f:id:ryotadohi:20170807221259j:plain
カサゴは熱海で年中狙える好ターゲットです。磯場やテトラ帯を中心に狙う事ができます。私の場合餌は手製の鯖餌を使っています。

配合する調味料等は秘密です(笑)

カワハギ

f:id:ryotadohi:20171105135303j:plain
カワハギは秋になると大型が増えてくるので、秋以降に狙うべきターゲットです。何より、寒くなってくるとカワハギのお腹には肝がパンパンに溜まるので、私はこれを目当てにカワハギ釣りをします。

熱海でのポイントは、主に熱海港がメインとなります。

(今年最大の一匹)
f:id:ryotadohi:20170924114727j:plain

アジ

f:id:ryotadohi:20171204233054j:plain
アジは狙って釣ったわけではなく、ジグサビキでカマスを狙う際に外道として釣れてきたモノがほとんどです。なぜか熱海にはアジが少なく、カマス、ソーダガツオ、ウルメイワシ、イナダが青物のメインターゲットです。

もちろん、青物はその年によってたくさん釣れるモノが変わるので、あくまでも『今年はアジが少なかった』と理解していただければと思います。

メバル

f:id:ryotadohi:20171229023821j:plain
熱海にはメバルが少ないですが、磯場には大型がまだ残っているようです。写真のメバルは32センチの今年最大メバル、熱海の磯場でゲットしました。

熱海でメバルを狙うなら、磯、ゴロタ馬を集中的に攻めましょう。

ウルメイワシ

f:id:ryotadohi:20171001224717j:plain

f:id:ryotadohi:20171001222933j:plain

ウルメイワシは熱海港の湾内を中心に毎年釣れる美味しいターゲットです。今年は10月ごろから熱海港の湾内に入ってきたようで、毎日昼頃に連れているのを何回も見かけました。

ソーダガツオ
f:id:ryotadohi:20170924114624j:plain
ソーダガツオははっきり言って狙って釣るほどの味ではないので、私はカマスやイナダのついでに狙うといった感じ、今年も一匹しか釣れませんでした。

私は結構魚の『味』を重視するので(笑)ルアーマンなどゲーム性重視の人は引きの強いカツオを狙っても面白いと思います。カツオはかなり走りますからね。

カマス

f:id:ryotadohi:20170926021629j:plain
カマスは今年は本当に良く釣れました。とは言っても釣れる時間帯は本当に一瞬、夜明けからの1時間が勝負タイムです。夜があけた瞬間に入れ食いが始まり、30分〜一時間で沈黙になる。シーズン中は毎回こんな感じでしたね。

カマスは9月ごろから釣れ出します。新鮮なカマスは唐揚げにするとトンデモなくうまいです。これはオススメの一品。

石鯛

f:id:ryotadohi:20170926071202j:plain

石鯛といっても私が釣りあげたのは小型のシマダイですが(笑)

シマダイは熱海港でコマセを巻くと、群れをなして餌を啄ばみに来ます。熱海港では餌取り扱いのようですが、三枚におろしてお刺身にすると相当美味いですこれ。『上手い魚を簡単に釣りたい!』という人にはオススメのターゲット。

安全な防波堤から釣れるのも魅力の一つ。

アイゴ

f:id:ryotadohi:20170917012048j:plain

アイゴは記事でも取り上げたように、一般的には臭くて食えないと思われています。

しかし臭いのは内臓と表面の皮のみで、身の味とは全く関係がありません。むしろ、臭みが移らないようにうまく裁くことができれば、めちゃめちゃ美味しいお刺身がを取り出すことができます。

熱海港を始め、各地の磯馬やゴロタ馬など、熱海全体に分布している魚ですので、是非狙ってみてください。

マゴチ

f:id:ryotadohi:20170730014456j:plainマゴチは熱海港やその周辺の防波堤から砂地へ向かって遠投することで釣ることができます。ヒラメと違ってしに餌でも食ってくるので、初心者にも狙いやすいターゲットです。そこが砂地になっていれば、熱海全域どこでも釣れます。

 

アイゴ(バリ)の刺身は普通に美味いですよ

先日、熱海の磯場でメジナ釣りをしていたのですが、今回はメジナの活性が低く、代わりに沢山のアイゴ(バリ)が釣れました(笑)

熱海港の防波堤や、熱海海釣り施設など、アイゴは熱海でも頻繁に目にする魚ですが、アイゴを釣り上げた多くの釣り師は『アイゴか〜』とすぐに海にかえしています。

もったいない!

アイゴはその臭いからから『食えない』という認識が強いわけですが、実際に臭いのは表面の皮と内臓だけ。

皮の臭いは火を通せば消えますし、刺身で食べるなら全く関係ありません。それどころか、アイゴの刺身は釣り物の中でも上位の味です。

(熱海の磯で釣り上げたアイゴ(バリ))f:id:ryotadohi:20171215004116j:plain

要は処理が面倒なだけ。アイゴの刺身、味は抜群!

アイゴが『食えない』という印象を持たれているのは、毒針や臭いの処理の手間がかかるからであり、味自体がまずいからじゃありません。

臭い関しては時折外道で釣れてくる『ボラ』も同じ、汚い水質でも生きられるボラは、汚い河川、海でも生息しているために『臭い』という印象を持たれています。しかし汚い水質で育った魚はボラに限らずみんな臭いわけで(笑)綺麗な場所で取れたボラは刺身でもとても美味いです。

アイゴに話を戻すと、毒針をハサミで切断して安全を確保し、表面の滑り、内臓が身に当たらないように捌いていけば、絶品の刺身を取り出す事ができます。

(アイゴの刺身)f:id:ryotadohi:20171215004118j:plain

f:id:ryotadohi:20171215004119j:plain

『これまでこの味を逃していたのか!??』と後悔しますよ(笑)

皆さんもアイゴが釣れた際には『食えん!』と諦めず、是非試食にトライしてみてください。特にアイゴの刺身、めちゃ美味いですから。

熱海でメジナ(グレ)釣り。アジも出ました!

先日、熱海の磯場でメジナ(グレ)釣りに行ってきました。

f:id:ryotadohi:20171204234117j:image

仕掛けは以前のものと同じで、一般的なフカセ釣り仕掛け、撒き餌さにグレパワーV9です。

メジナ釣りは最近始めたばかり。しかし熱海エリアのメジナはなかなか魚影が濃く、初心者の私でもコンスタントに魚を釣り上げることができています。調子が良い日ならウキのすぐ真下にコマセに群がるメジナを確認することが出来るくらい。この状態になると『おお!』っと一気にテンションが上がりますね。

しかも、このフカセ釣りはメジナや黒鯛だけでなく、群れが回ってくれば青物も仕留めることができるので、釣り物を一本に絞らず、とにかく『美味い魚を釣りたい』私からすればかなりワクワク感の大きい釣りです(笑)熱海港に設置された海釣り施設でも、フカセ釣りの釣果では非常に数多くの魚達が釣り上げられています。(釣果はサンワさんのホームページから確認できます)

今回も、釣りをスタートしてすぐに小アジが2匹釣れてきました。美味しい外道は大歓迎!

f:id:ryotadohi:20171204234039j:image

熱海はアジが少ないんですけどね、ここ一ヶ月は湾内まで入ってきているようです。しょっぱなは本命とはなりませんでしたが、嬉しい釣果です。

アジの群れは小型だったので2匹で終わってしまいましたが、昼過ぎになって本命のメジナ(グレ)も釣れてきました。

メジナ
f:id:ryotadohi:20171204233344j:image
小型ですが綺麗な1匹、『魚が青いときは食い気があるとき』 なんて話を何処かで聞いた事がありますが、この青さは期待できるかも?

次もメジナ

(2匹目!)
f:id:ryotadohi:20171204233709j:image

この2匹の間には20分ほどの時間があったので、『入れ食い』と言うわけではありませんが、初心者の自分としては十分調子の良いと言えるペースです。このままさらに2匹のリリースサイズを挟んだ後、サイズアップの一匹が!

(サイズアップ!)
f:id:ryotadohi:20171204233902j:image
決して大型ではありませんが、初心者としては嬉しいサイズアップ。30センチくらいの1匹です。

これくらい釣れれば、苦手なウキ釣りもアリかも?

以前の記事でも書いた通り、私は『待つのが嫌い』なのであまりウキを使った釣りはしません。ですが最近は原田隊長の影響で熱海のメジナ釣りを初め『これくらいアタリがあれば面白いな!』と、メジナ釣り、楽しくできそうです。

(本日の釣果)f:id:ryotadohi:20171229021820j:plain
特に、冬のメジナのアジは絶品すぎるほど美味なので、しばらくメジナ釣り、研究してみようかな。

と言うわけで、今回は熱海の磯場からメジナ(グレ)釣りをお送りいたしました!